スズメノヤリ イグサ科

スズメノヤリ 雀の槍 は、全国の日当たりの良い芝生や草地などで、ごく普通に見られます。 多年生草本で、葉は広線形の根生葉からなり、長さ10〜15cm程度、葉縁には白色の長い軟毛がつきます。
4月ころに、長さ20cm程度の細い花茎を立ち上げます。花茎には、2〜3個の茎葉がつき、茎頂には、多数の小花で構成される紫褐色の花序をつけます。 花序は、球形状で普通1個、ときとして2〜3個つけます。小花の花被片は6個あり、広披針形で先が尖り、縁は半透明の淡黄色になります。
スズメノヤリ Luzula capitata 撮影:東京都
両性花ですが、雌性先熟の風媒花です。めしべは1個、線形で花柱の先が3裂していて、花被が開くより前に、外へ伸び出します。 おしべは6個、花糸がごく短いために、花被の開かない雌性期には隠れています。雄性期が近くなると花被が開き、長楕円形の黄色の葯が見えるようになります。 花被は残存性があり、果実期にも残ります。
和名の由来は、花茎と茎頂の花序を毛槍に見立てたもの。属名 Luzula は、lux(光)を由来とされます。種小名 capitata は、頭状花序の の意味。

毛槍 : 羽毛で飾った槍。大名行列の先頭を歩く。

2017.04.New
雌性期 雄性期 未熟な果実
このページのトップへ