マムシグサミミガタテンナンショウウラシマソウ サトイモ科
ムサシアブミユキモチソウ テンナンショウ属

サトイモ科の多くが熱帯地方を中心に生育するなかで、テンナンショウ属は日本を含む温帯の森林に分布しています。熱帯性のものを除き、冬季に地上部は枯れて、地下の塊茎は休眠をします。 花は肉穂花序となり、小花に花被片はなく、花序の上部には付属体がついています。花期の肉穂花序は仏炎苞に包まれているため、外部から確認できないのが普通です。 葉は、単子葉類に普通な平行脈にはならず、形も3小葉に切れ込む、或は鳥足状に小葉をつける複葉になります。テンナンショウ属は、雌雄異株化が進んでいることも特徴としてあげられます。 この異株化は、栄養状態によって雄株が雌株に性の転換があることでも知られています。一部の種は仏炎苞や付属体の形の面白さから、園芸用に栽培もされています。

中国では、地下の塊茎のコルク層を除いた部分を生薬名・天南星(てんなんしょう、テンナンショウの属名由来)といい、民間薬として使用したとされます。 しかし、塊茎も含めて全草有毒※1であるため、素人判断での使用は厳禁です。中毒例も多く、特に果実を可食と誤解したための事故例が多くあります。 果実は、球形で肉穂花序に密につき、初め緑色から、熟すと赤くなります。シュウ酸カルシウム calcium oxalate を含有するため、誤食すると口内が焼けつくような痛みがあります。 腫れるなどの症状の他、腎機能障害を起こすこともあるので注意が必要です。

※1  参照 : 厚生労働省 自然毒のリスクプロファイル テンナンショウ類
日本にあるテンナンショウ属では、マムシグサの仲間がよく見受けられます。マムシグサは、薄暗い林内に生えることが多く、仏炎苞は、暗紫色または緑色で、白いストライプが入ります。 仏炎苞の位置は、葉よりも高くなり、肉穂花序の付属体は棒状をしています。花茎(偽茎)には黒紫色の斑紋があり、葉は2枚、鳥足状複葉で小葉7枚以上からなります。

マムシグサは、雌雄異株ですが、栄養状態が良い場合には、雄株から雌株に変わることも知られています。 雌雄の違いは、仏炎苞の基部の状態に現れます。雄株では、仏炎苞の基部に穴が開いていて、花粉をつけた昆虫(キノコバエの仲間)によるが外部に出られる構造になっています。 雌株は、仏炎苞の基部が塞がっていて、昆虫は脱出することができない形になっています。出口を探して動き回る昆虫のおかげで、多くの雌花に受粉させることができますが、昆虫は死んでしまいます。
マムシグサ Arisaema serratum (Thunb.) Schott 撮影・東京都
種小名 serratum は、鋸歯のあるの意味。和名のマムシグサは、偽茎の文様がマムシに似ているからとする説、草の中から立ち上がる仏炎苞の姿がマムシの鎌首を思わせるからという説があります。
この仲間は、地域的な特徴などからいくつかに分類※2されることがありました。 いずれも中間的な形質のものがあるとされ、生育環境や地域ごとの傾向から現れる形態のひとつとする見方が一般的になっています。

※2 マムシグサの分類 : オオマムシグサ ・ 林縁に生え、仏炎苞がやや大きくなる。 カントウマムシグサ ・ 関東地方を中心に分布する。アオマムシグサ ・ カントウマムシグサの仏炎苞が緑色のタイプ。 他に、コウライテンナンショウ、ホソバテンナンショウ、ムラサキマムシグサなどの名前がある。

ミミガタテンナンショウ 耳形天南星 は、テンナンショウ属の中では、早咲きの種類です。 本州から四国に分布し、やや明るい林床などに生育し、草丈は40cm〜80cmになります。仏炎苞は、マムシグサにも似ていますが、マムシグサよりも口辺部が張り出す形状をしています。 ミミガタ(耳形)〜という和名は、この口辺部の形状に由来し、普通、テンナンショウ属は、分類の難しいグループとされますが、ミミガタテンナンショウは、仏炎苞の特徴から判別しやすい種とされています。 種小名 limbatum は、まわりの部分・・・ひさしのあるの意味です。

花期は4〜5月、まだ葉が展開する前の偽茎の真ん中から、花茎をのばします。仏炎苞は暗紫色で白いスジが入り、肉穂花序の付属体は棒状をしています。 仏炎苞の位置は葉よりも高くなり、2枚の葉は仏炎苞から遅れて展開を始めます。葉は、鳥足状複葉で小葉は7〜13枚、ときには小葉の種脈に沿って白班が入ることがあります。 マムシグサと同様に雌雄異株で、雄株は仏炎苞基部に隙間があり、雌株はないことで雌雄の区別ができます※3

※3 雌雄の判別 : 普通は雌雄異株であるが、まれに雌雄同株のものもある。

ミミガタテンナンショウは、シノニムが多く、ヒガンマムシグサ A.undulatifolium の変種とするものなどがあります。
syn.A.limbatum var. conspicuum Seriz.
A.limbatum var. ionostemma Ohashi et J. Murata
A.undulatifolium var. limbatum H.Ohashi
ミミガタテンナンショウ 撮影・東京都薬用植物園
Arisaema limbatum Nakai et F.Maek.
果実をトウモロコシと間違えた事故があるようです。トウモロコシは包葉に包まれているので、果実の裸出はありません。赤熟した実は、やや甘みがあるとされますが食用にはなりません。 動物が食べても人には有毒なことがあり、動物が残しているものは、危険だから食べられないという考えも必要です。
ミミガタテンナンショウ 葉に白班の入るタイプ と 赤熟した果実

ムサシアブミは、関東以西の温暖な林床などのやや湿った場所に生育します。 草丈は、20〜50cmほど。葉は2枚、三出複葉で、小葉は全縁で幅の広い卵形、先端は鋭く尖ります。 普通は長さ10〜20cmですが、地域によっては40cmを超える大型のものもあるといわれます。 花茎は2枚の葉の偽茎の中央からでますが、あまり伸びるないため、仏炎苞は葉よりも低い位置にとどまります。

ムサシアブミの仏炎苞は、舷部※4が袋状に巻き込む特異な形状をしています。 開口部の上部(袋状になった舷部の下部)の縁は、いったん内側に巻き込んでから、折り返して垂れ下がり、続いて口辺部にかけて耳状に張り出します。 仏炎苞の色は、暗紫色を帯びるものから緑白色まで変異があり、基部から舷部にいたる表面には多くの白い縦筋が入ります。 開口部の周囲は、仏炎苞の表面とは異なり、暗紫色から明るい緑色まで個体差のある色に縁どられます。開花時期は3〜5月。

※4 舷部 : 花弁の基部が細長く、先端部が広い場合、幅広の部分を指す。 仏炎苞の場合は、上部の蓋状の部分をいう。
花序の付属体は、白い棒状をしています。雌雄異株。

仏炎苞の位置が低く、開口部が狭くて、付属体が見えづらくなっていますが、種小名は、 開口形の、口を広く開けたとい意味の ringens がつけられています。 和名は、仏炎苞の形を馬具の鐙(あぶみ)に見立てて、古代より質が良いことで知られた武蔵の国でつくられた鐙という意味でつけられました。 武蔵の国(現在の東京、埼玉、神奈川の一部)にたくさん生えていたということではなく、反対に同地域での個体数は少ないとみられています。
ムサシアブミの付属体と倒れた果実 植栽品
ムサシアブミ Arisaema ringens Schott 撮影・箱根湿性花園、他

ウラシマソウは、北海道の西南部から九州まで分布し、やや湿った林床に生育します。日本のテンナンショウ属では比較的広い範囲で見られる種で、草丈は40〜50cmになります。
多くのテンナンショウ属は、2枚の葉をつけますが、ウラシマソウは、1本の茎を立ちあげ複葉を1つだけ付けます。葉柄の先は2つに分岐し、分岐点に1枚の小葉、分岐した先の部分には、それぞれ6枚の小葉をつけます。 成株では、小葉 11〜17枚、幼株では、数枚で複葉を構成します。小葉は、10〜20cmの長楕円形で先は尖ります。

花期は、4〜5月。花茎は、葉柄の基部付近から出て短い柄をのばし、仏炎苞は葉よりも下に位置します。仏炎苞基部の表側は不明瞭な、内側には明瞭な白い縦筋が入ります。 舷部は、広卵形から先端は尖って下垂し、上面の多くは黒紫色になるため、基部から続く白い筋が明瞭になります。
本種の最も特徴的な部分は、肉穂花序上部の付属体の形状で、先端が細い紐状になって仏炎苞から伸び出します。暗紫色の付属体は、50〜70cmほどの長さになります。 この長い付属体は、受粉をするキノコバエの仲間が伝い登るためという説もありますが、実際の役割は不明です。

本種も雌雄異株ですが、小球をつけて栄養繁殖をする傾向があります。雄株である小型の個体も栄養繁殖をするため、雌株になる大きさまで成長するのに年月が必要とされます。 本種に雌株が少ない理由とされています。画像の個体も雄株のようですが、周囲に幼株の葉が見えます。
和名の由来は、この紐状の付属体で、浦島太郎の釣り糸に見立ててウラシマソウ(浦島草)とつけられたとされています。種小名 urashima は、和名からつけられています。
ウラシマソウ Arisaema urashima Hara 撮影・東京都

ユキモチソウは、三重県・奈良県と四国を自生地としていますが、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧II類とされる稀少種です。 草丈は20cm〜30cmほどで、やや湿った林床に生育します。近年は観賞用に栽培されることも多くなっています。 葉は鳥足状の複葉が2枚つき、小葉は3〜5枚、長さ10〜15cmの長楕円形をしています。

花茎は偽茎の中央からでて、仏炎苞は葉より上に位置します。仏炎苞は紫褐色で、白〜淡紫褐色の縦筋が細かく入ります。舷部は、ほぼ垂直に立ち上がり、尖った先端も下垂することなく真っ直ぐ上を指します。 仏炎苞の筒状部分の内側は白色で、舷部の淡紫褐色との対比が目立ちます。
ユキモチソウの和名は、ウラシマソウのように肉穂花序の付属体の形状からつけられています。 ユキモチソウの付属体は、こん棒状で上部が扁平な球形をしています。白い付属体が、仏炎苞から覗く様子を、雪のような餅に例えて命名されたとみられています。種小名 sikokianus は、四国産のの意味。 他にはない美しい色合いと形態であるため、容易に区別ができますが、やはり有毒です。
ユキモチソウ Arisaema sikokianum Franch.et.Savat. 撮影・東京、植栽品

 テンナンショウ  生薬名:テンナンショウ(天南星)[ 局外 ] 用途:漢方薬、民間薬
 
テンナンショウ属は、シュウ酸カルシウムを含み有毒ですが、いくつかの種類は、生薬として利用されました。 基原は、マイヅルテンナンショウ Arisaema heterophyllum、A.erubescens または、その他同族植物のコルク層を除いた塊茎です。 同族であるため、マムシグサ、ミミガタテンナンショウ、ムサシアブミ、ウラシマソウも対象に含まれます。生薬名をテンナンショウといい、鎮痙、去痰を目的に漢方薬に処方したようです。 毒性があるため、現在は内服の使用は見当たりませんが、民間薬としては、消炎に外用として使用されました。

中国基原のものとしては、(アムール)テンナンショウがあります。 仏炎苞は緑色で、淡緑色の縦筋が入り、葉よりもやや下に位置します。葉は、成株が鳥足状複葉で、幼株の小葉は3枚になります。
 
(アムール)テンナンショウ Arisaema amurense Maxim. 撮影・東京都薬用植物園
テンナンショウ属の分類はまだ未確定な部分があります。マムシグサにも多くの(あえていえば)地方名があり、狭義と広義のマムシグサという考え方がありました。 近年は広義の内容が種のとらえ方として有力になっています。ミミガタテンナンショウもいくつかのシノニムがあります。 ウラシマソウもナンゴクウラシマソウ Arisaema thunbergii の亜種とする説があります。これからも、新しい分類により、新しい変種名が発表される可能性があるグループです。

属名 Arisaema は、Arum(サトイモ科の一種)のギリシャの呼び名 aris + haem(血、血液)の意味と思われます。・・・この項目は、一部(aris)確認できていません。

2014.06.10.New
このページのトップへ