ヤマノイモ / ナガイモ / オニドコロ  ヤマノイモ科

ヤマノイモ / ナガイモ 生薬名: 山薬( サンヤク ) [ 局 ] 用途:食用・漢方薬

自然薯(じねんじょ)の別名を持つヤマノイモは、芋の長さが1m以上になることもあります。 自生のものを壊さずに掘り出すのは大変な作業で、専用のシャベルを使った芋掘りは、昔は地元の学生が小遣い稼ぎとした地域もあったようです。
雌雄異株で、葉は基本的には対生ですが、一部で互生となることもあります。夏に葉の付け根(葉腋)から1〜3個の穂状花序つけます。 白い花の雄花序は立ち上がり、雌花序は、花数が少なく、垂れ下がります。種子は薄く、翼がついています。葉腋にできる「むかご」は食用になります。

普通に売られているのは、ヤマノイモに似たナガイモで、栽培されたこん棒状のイモが多く店頭に並びます。 葉は、ヤマノイモよりも基部が丸く、葉の基部まで紫色を帯びています。

どちらも、皮をむき乾燥させたものを生薬名・山薬(さんやく)と呼び、滋養強壮などを目的に漢方薬に処方されています。 普通は、生薬というより、とろろにしてご飯にかけて食べる方が一般的ですね。
ヤマノイモ Dioacorea japonica Thunb.画像 左:雄株、中央:雌株、右:果実
ヤマノイモの種(左)と、ナガイモのむかご(右) Dioacorea batatas Decne.

撮影地・東京都薬用植物園、他
オニドコロの根茎は、そのままでは有毒で、灰汁(アク)ぬきして流水にさらさないと食用になりません。 ハート型の葉がヤマノイモより丸みを帯び、互生なので区別ができます。

 ヤマノイモとナガイモ以外は、互生とみてよい。

2012.08.Re
 オニドコロ Dioscorea tokoro Makino 左:雌花、中央:雄株、右:雄株

撮影地・東京都薬用植物園
このページのトップへ