ゲンノショウコ フウロソウ科

ゲンノショウコ 生薬名:ゲンノショウコ [ 局 ] 用途:民間薬
ゲンノショウコは、山野に自生し、民間薬として利用されています。 名前は、下痢止めとして「験(効果の意)」がすぐ現れることに由来して「現の証拠」(験証拠)とされたものです。 また、御輿の屋根を連想させる実の形(右画像)から、ミコシ草の別名もあります。
民間薬となりうる条件は、専門家以外が扱うため、一定の効果と副作用の少ないことが望まれます。 ゲンノショウコは、下痢止めにもかかわらず連用しても便秘にならず、過剰に摂取しても副作用も少ない整腸止寫薬です。 ドクダミやセンブリなどと並ぶ優れた民間薬のひとつといえます。

7月から8月の花期に地上部を採取し、日干しにしたものを煎じて用います。 「ゲンノショウコは土用に刈れ」という言葉があるそうです。開花期に採取する理由は、次の2つの点があげられます。
1.この時期には、成分が充実していること。
2.花が咲いていれば、他の植物と間違えないこと。
特に、芽吹きの時期のゲンノショウコは、若葉を山菜とするニリンソウや、有毒のトリカブトの葉と似ており、誤用を防ぐことにも役立ちます。 なお、花の色は、東日本の白花と西日本に多い赤花がありますが、効能に差はないとされます。
属名 Geranium は、geranos 鶴 由来の古名 geranion から。長い果実を鶴のくちばしにたとえたもの。種小名 thunbergii は、人名由来。

2003.01. New-2012.06.Re
トリカブトとゲンノショウコ(暗紫の斑点あり)は芽生え、ニリンソウは花期
ゲンノショウコ Geranium thunbergii Sieb.et Zucc.
このページのトップへ