いわゆる 月見草 (アカバナ科)

マツヨイグサオオマツヨイグサメマツヨイグサ
コマツヨイグサツキミソウ
マツヨイグサは宵待草といわれたり、月見草といわれたりします。宵待草の方は、竹久夢二が作詞のときにマツヨイグサと間違えたことによります。 夢二は間違いに気づいて訂正しようとしましたが、宵待草の方が雰囲気があって良いということで、そのままになりました。 よく使われる月見草という呼び名は、黄色い花を咲かせるマツヨイグサ属の数種を指します。この属は、全てアメリカ大陸原産で、日本には十数種が帰化しています。
一般にいう黄色い花の月見草は、呼び名の通り、暗くなってから開花します。 花弁は 4枚、先端はハート形に凹むものが多く、雄しべは 8本、葯はユリのようなT字の形についています。雌しべの先端は4裂し、十字の形になるのが特徴です。 翌日、多くは陽が高くなる頃にはしぼんでしまいます。しぼんだ後の花は、種によって変色の具合が異なるので、おおよその種の判断に利用できます。茎や果実には毛があります。
オオマツヨイグサは、ヨーロッパ経由で日本に入ってきました。高さは、150cmと大型になります。 葉は長い披針形で、短毛が密生します。花期は、6〜8月。花は径6〜7cmと大きく、しぼんでも色は変わらず、種子は角柱形をしています。 太宰 治が「富嶽百景」の中で「 富士には、月見草がよく似合ふ。」と書いているのは、このオオマツヨイグサかマツヨイグサではないかと見られています。
メマツヨイグサは、オオマツヨイグサと生息環境が重複しますが、今では本種を見ることの方が多いようです。 葉は長楕円形で先がとがり、表面やや光沢があります。花期は、7〜9月。花はやや小型で、しぼむと、黄色か、わずかに赤くなります。葉の中央脈が赤くなる傾向があります。種子は角柱形。
マツヨイグサは、前2種よりも小型で、高さ90cm位まで。 葉は、狭い披針形で、中央脈は白色。メマツヨイグサとの区別するポイントのひとつになります。花期は、5〜7月。花はしぼむと、橙色になります。種子は角張らず、丸みを帯びています。

メマツヨイグサ種子
以上の3種は、いずれも2年草で、葉は互生、浅い鋸歯があります。開花の時期は、おおむねマツヨイグサ、オオマツヨイグサ、メマツヨイグサの順になります。 属名の Oenothera は、oinos 酒 + ther 野獣 を語源とし、普通「根にブドウ酒様の香気があり、野獣が好む」ためと説明される。 種小名 erythrosepala 赤いガク片。biennis 越年生の、二年生の。 strictus 硬い、直立の の意味。

 あくまでも私見 ⇒ 花が(酒で)酔って赤くなり、だらしなくなる(野獣化する)。野獣は獣(けもの)だろうか、呑ん兵衛だろうか。
1.オオマツヨイグサ
Oenothera erythrosepala Borbs

撮影・箱根湿性花園
2.メマツヨイグサ
Oenothera biennis L.

撮影・埼玉県狭山市
3.マツヨイグサ
Oenothera stricta Ledeb.

撮影・東京都西東京市

いわゆる月見草、主にマツヨイグサ、メマツヨイグサの種子から採れる油脂(月見草オイル)は、γリノレン酸やリノール酸などを含んでいます。 マッサージオイルや加工してサプリメントなどに利用されていますが、酸化しやすいため、そのままでは長期の保存に向かないという問題があります。
コマツヨイグサは小型の月見草で、茎は多数に分岐して、地面をはう枝を放射状に広げます。 葉は長楕円形で、羽状に深裂し、短毛があります。開花期は7〜9月ですが、陽だまりではもっと長く見られます。花がしぼむと、黄赤色になります。種小名 laciniatus は、細く分裂した。
マツヨイグサの通称とは別にツキミソウという名前の植物があります。
同じ属で、葉は楕円形、径6cmほどの白い花を咲かせます。雄しべの花糸も白、雌しべ先端の4裂部分は黄緑色をしています。やはり、夜間の1日花で、翌朝にはしぼみ、赤くなります。 観賞の時間がないためか、園芸的には成功しているとはいえず、植栽をみかけることが少ない植物です。種小名 tetrapterus 四翼の。

2005.09.-2014.02.17-2015.04.Re
4.コマツヨイグサ
Oenothera laciniata Hill

撮影・岡山県、他
5.ツキミソウ 咲き終わるとピンクから赤へ
Oenothera tetraptera

撮影・東京都
このページのトップへ