ミソハギ エゾミソハギ ミソハギ科
ミソハギエゾミソハギ 生薬名:千屈菜( センクツサイ ) 用途:民間薬
ミソハギ 撮影・東京都薬用植物園
Lythrum anceps Makino
ミソハギは田の畦のような水辺や湿地を好みますが、鉢植えも出まわっていて、庭で栽培することもできます。 花が少なくなる旧暦お盆のころに咲くことから、仏花として供えられる習慣ができたようです。
ミソハギの全草を乾燥させたものが、生薬名・千屈菜で、民間で下痢止めとして使用されました。 茎や葉に毛があるやや大型のエゾミソハギも、同様です。
エゾミソハギ  Lythrum salicaria 撮影・箱根湿生花園
両種は、次の3点で区別ができます。エゾミソハギから見て、(1)ガク付属体の伸長方向は、真っ直ぐで平開しない。 (2)葉・茎・ガクに繊毛がある。(3)葉の基部は、やや茎を抱き、茎の下では抱くこと。

和名は、萩に似て溝に生えるので溝萩、そこからミソハギになったとする説などがあります。 属名 Lythrum は、 血 lytron 由来、花が紅いため。種小名 anceps は、二稜形の。 salicaria は、ヤナギ Salixに似た。

2004.07.New-2012.07Re
このページのトップへ