チョウジノキ  フトモモ科

チョウジノキ 生薬名:丁子 ( チョウジ ) [ 局 ] 用途:製薬原料・漢方薬

香辛料として使われる クローブは、チョウジノキの花蕾を乾燥したものです。 また、花蕾は生薬名を丁子 または 丁香(チョウコウ)といい、芳香性健胃・食欲増進などの目的で漢方などにも処方されます。 正倉院にも丁子が残っていますが、当時は薬用よりも、香料、防黴を目的に置かれたと見られています。
つぼみや葉を蒸留してとれる精油・丁子油(丁香油)には、オイゲノールが含まれます。局部的麻酔効果があり、歯科の領域では即効性の歯痛薬として使われています。 他に、香料の原料として、防腐剤としての応用もされます。

チョウジノキは、高さ10m程度になる中高木で、原産地は香料諸島とも呼ばれたモルッカ諸島です。 葉は、対生、革質で暗緑色、表面には光沢があります。葉身は長楕円形で全縁、葉縁は波打ちます。
花には筒状の花床があり、初め淡黄緑色をし、開花のときには淡赤〜暗赤色に色付きます。花床先端部は4つの厚質化したガクにつながります。 花弁は膜質化して、蕾のときは球形をしています。おしべは多数、めしべは1本。熱帯の植物なので、国内では沖縄を除き、温室での栽培になります。

和名は、蕾の形が釘(クギ)に似ていることを由来としています。中国では釘を「丁」で表し、丁の字に似ているので「丁子」と呼ばれたとされます。 香りが強いので、百里香(ひゃくりか、ひゃくりこう)という別名もあります。 属名 Syzygium は、共に結ばれた、対になった の意味で、葉や枝が対生になることから(他説もあり)。種小名 aromaticum は、芳香性の。 シノニムの属名 Eugenia は、語源不明( eu〜真の+ genia 同類 ではないらしい)。同じく種小名 caryophyllata は、ギリシャのチョウジの名前由来。

 香料諸島 ( Spice islands ) : スパイス ( クローブ、ナツメグ )の産地であったモルッカ( マルク )諸島 Maluku Islands の呼び名。 オランダ、ポルトガルなど、当時のヨーロッパ列強の国が、香料の利権を巡って争った歴史もある。

2004.06.New-2012.06-2015.04.Re
 チョウジノキ 撮影・東京都薬用植物園、他
Syzygium aromaticum Merrill et Perry syn.Eugenia caryophyllata Thunb.
このページのトップへ