ヤブカラシ ( ブドウ科 )

養分を独り占めしてしまうような勢いで繁茂するので、ヤブカラシ(藪枯らし)またはヤブガラシ。 手入れをされている庭などでは少ないことから、別名ビンボウカズラ(貧乏蔓)ともいわれます(諸説あり※1)。 地下茎が長く、抜き損なって切れた地下茎から新しく芽が出ます。そのため、地上部を切り取るだけでは、根絶が難しいつる性の草本です。

春先に暗紫色の芽を出し、茹でてあく抜きに時間をかけると食用になります。それでもアクが強く辛いので、食べるのは少量にとどめる方が良いです。
長い茎には葉と対生になっている巻きひげがあり、他の植物などに巻きついて登ります。葉は、卵形で浅い鋸歯があり、葉先は尖り、表面はつやがあります。 掌状複葉のように見えますが、茎に最も近い小葉は、2番目の小葉の葉柄の途中から分かれて出ています。 鳥足状複葉といわれるタイプで、例が少ないため、葉だけでもヤブガラシと確認することができる分かりやすい同定ポイントになっています。他に鳥足状複葉の葉を持つものは、アマチャヅルなどがあげられます。

花のひとつづつは小さく目立たないものですが、花盤 ※2 から出される蜜を求めてアオスジアゲハなどがよく訪れています。 橙赤色の花盤に、緑色の花弁が4枚つき、4本の雄しべと1本の雌しべからなりたちます。


上:雄花期、下:雌花期
ヤブカラシ Cayratia japonica Gagn.
自家受粉を嫌い、ひとつの花で雄花期と雌花期があります。初めに、4本の雄しべが成長して、花粉を出します。数時間で花弁と雄しべは落ち、その後、花盤中央の雌しべが伸びて受粉可能になります。 画像では、花盤がオレンジ色の花が雄花期、ピンク色の花が雌花期にあたります。

※1 ヤブカラシの生えている家は貧乏っぽく見えるから説など
※2 花盤:花托が肥大化したもの

果実は、熟すとつややかな黒い実になります。関西方面では特に珍しいものではありませんが、以前の東京周辺では結実を見ることは稀でした。 もともとヤブカラシのグループは亜熱帯の植物で、日本はその北限にあたります。近年、実がなるようになったのは、温暖化の影響と考えられます。
属名 Cayratia は、アンナン(ベトナム中部)の地元名由来。ヤブカラシ属の一種 C.geniculata を cay rat と呼ぶことからとされます。

2005.07.-2008.09.-2015.04.Re

掌状複葉と鳥足状複葉の比較

掌状複葉 例)アケビ
鳥足状複葉 例)ヤブカラシ、アマチャヅル
左 : ヤブカラシ / 右 : アマチャヅル(ウリ科)
このページのトップへ