イチョウ イチョウ科

イチョウは、1種だけで「属・科・目」まで構成する中国原産の裸子植物です。 イチョウの仲間では唯一生き残っている貴重な存在で、長生きの木としても知られ、樹齢 数100年の大木もある落葉高木です。 日本へは室町時代の頃に渡来したといわれ、以来、人の手を介して各地に広まりました。 街路樹などで見慣れていますが、日本で野生化するのは難しい種とみる説もあります。

イチョウの葉は、「裸子植物の樹木=針葉樹」のイメージと異なり、扇形の葉身をしています。 先端部には切れ目や窪みがつくことがあります。雌雄異株で、4月ごろ、葉の展開と同時期に、雄花は穂状に、雌花は細長い柄の先に2個の胚珠をつけます。 胚珠は、普通1個だけが結実し、秋、葉が黄色に色づくころ、強い臭気のある種子・銀杏(ぎんなん)がなります。 銀杏は、果実のように見えますが、周囲の果肉様のものは外種皮で、種子の3層になった皮の一番外側の部分にあたります。 アレルギー成分が含まれているので、素手で触ると皮膚炎(かぶれ)をおこすことがあります。

イチョウ葉のアレルギーに関連して

銀杏の硬い種皮の中身(仁)は、茶碗蒸しに入れたり、炒って酒のつまみするなどの利用をされています。 昔から滋養強壮に効ありとされてきましたが、食べ過ぎると中毒を起こし、特に子供は、命にかかわることもあります。 大人でも10粒程度に止めた方が良く、また何日も続けて食べるのはよくないとされています。


イチョウ Ginkgo biloba L.撮影・東京都、他
和名は、イチョウの中国名が訛ったというのが通説です。 属名の Ginkgo (ギンクゴ) は誤植とみられ、正しくは Ginkjo (ギンキョー・銀杏)だったとされています。 修正されなかったため、誤って記載したと思われるものが学名になっています。 種小名 biloba は、「2つの裂片」の意味で、葉が2つに裂ける ※2ことからつけられました。

※1 渡来 : 以前の記載内容の訂正を含む イチョウの渡来時期を、「室町時代以前とみられる」という部分を、「不明」に改めた。中国でイチョウが一般的になったのは、14世紀ごろとされ、それより早い時代に、日本に導入されたとは考えにくい。 「樹齢1000年」とされるイチョウの巨木は、平安時代に来たことになり、推定に無理がある。よって、1000年を、数100年に書き換えた。
※2 2つに裂ける : 葉が避けるのは、若い木(左下画像)に多く、老木(右上画像)では、あまり見ない。
若い銀杏 と 晩秋の紅葉

イチョウ葉のアレルギー成分報道に関連して
イチョウの葉に含まれるギンコライドやテルペノイドの成分が血流を促進するとして、近年、欧州では、医療の分野でも利用されています。 当初は、日本のイチョウ葉を使っていたようですが、現在は現地で生産されています。 ところが、イチョウ葉には、有用とされるギンコライドやフラボノイド類の他に、ギンコール酸を主成分とするアルキルフェノール類も含まれています。

ギンコール酸は、イチョウ種子(銀杏)の外種皮に含まれ、触ると皮膚炎(かぶれ)をおこすアレルギー成分のひとつです。 この成分は、葉にも含まれており、そのまま食べたり、お茶にして飲むと、アレルギー症状を起こす場合があります。 従って諸外国では、一日あたり摂取量(120mg)中、ギンコール酸の含有量を5ppm以下と規格しています。 しかし、日本では食品としての扱いであるために同様の規定はありませでした。

健康食品などでよく利用されるエキス化という手法は、有効成分をより効率的に摂取できるメリットがある反面、アレルギー成分も高濃度で摂取してしまうというデメリットもあります。 それを防止するには精製過程でアレルギー成分を除去する行程を入れることが必要です。 ギンコール酸については、ほぼ完全に除去する技術が確立されて、一般的にはそうした工程が組み入れられています。

今回(平成14年)の国民生活センターの調査によれば、葉をそのまま利用したお茶に同成分を多く含む製品があったとのことです。 また、エキス化された食品でも、成分表示の曖昧なものに同様の傾向がみられたようです。

常識的には、すでに分かっているアレルギー成分を、何らの対処なしに製品化することは、理解の範疇を超えます。 ただ、実際にそうした不勉強(無責任?)な会社がある以上、消費者が賢くなって対応するだけでなく、行政側の管理・対応も必要になります。

2003.01.New-2004.12.Re-2012.06
このページのトップへ