キソウテンガイ 奇想天外 ウェルウィッチア科

ウェルウィッチア (和名キソウテンガイ 奇想天外) は、ただ1種で、属と科を構成するアフリカ・ナミブ砂漠に分布する裸子植物です。
地上部の茎(幹)は短く、茎(幹)頂は、周囲がゴツゴツとして盛り上がっていて、中央部には窪みがあります。葉は、茎頂付近に、1つ対生するだけで、年月の経過により先端部が枯れても伸び続けます。 これは葉の成長点が基部にあるためで、基部から押し出される形で成長を続け、1000年以上とみられる寿命の間、落葉して更新することもなく、最初の2枚の葉だけで生涯を終えます。 葉は革質で厚みがあり、暗緑色、繊維に沿って裂けやすい性質があります。成長して茎頂が円形に膨らむ個体では、基部付近から裂けてしまい、リボン状の長い葉 ※1が、波打ったりからまったりして何枚もあるように見えます。 陸上植物では、こうした成長の仕方は他には見られないとされ、「奇想天外」という和名は、この植物にふさわしいネーミンングといえます。

※1 細長い葉 : 水分摂取を目的に動物に食べられることがあり、自生地での葉は、長さ2〜3m程度が多いとされる。
キソウテンガイ Welwitschia mirabilis Hook.f./ syn.Welwitschia bainesii 撮影:つくば実験植物園、他
雄花(花序) 翼のある種子
雌雄異株で、葉の基部付近(葉腋)から小枝(花茎)を伸ばし、花序 ※2をつけます。 雄花序は、紡錘形で鈍い4稜があり、雄花は、6本の雄しべと、退化した雌しべの痕跡である不稔の子房があります。 雌花序は、雄花序より大きく、熟すと球果状 ※3になります。風媒花ですが、昆虫による花粉媒介もあるとみられています。 種子には、単黄色の紙状の翼があり、風で飛ばされることによって種子散布を行います。

※2 花序 : 裸子植物の生殖器官については、ガク、花弁がないため「花」と呼ばないとする説がある。 当サイトでは、裸子植物と被子植物を種子植物としてくくり、その生殖器官を、「花」と呼ぶ。
※3 球果状 : 松カサ状のことであるが、マツのような硬い鱗片(苞)はない。

属名の Welwitschia は、探検家 ウェルウィッチ Friedrich Welwitsch から。種小名 mirabilis は、驚異の を意味します。 syn.の bainesii は、キソウテンガイの発見者 Thomas Baines に由来します。別名、サバクオモト(砂漠万年青)とも。

2014.10.15.New
このページのトップへ