シナマオウ キダチマオウ アイマオウ  マオウ科

上記の3種のマオウ 生薬名:麻黄( マオウ ) [ 局 ] 用途:製薬原料・漢方薬

マオウの仲間は、草本状の常緑低木が多く、マオウ属だけで科を構成します。日本には自生しない裸子植物ですが、世界の乾燥地には広く分布しています。
マオウ属には、有用なアルカロイドの成分エフェドリンを含むものがあります。日本薬局方では、 アイマオウシナマオウキダチマオウの3種を生薬マオウの基原植物としています。 3種は、いずれも中国北部やモンゴル、中央アジアの乾燥地に自生しています。

3種は類似した外見を持ち、茎は節で枝分かれをし、根本の部分では木質化します。 茎の形状は、シダ類のトクサ(木賊)に似て、高さは40〜80cmあります。乾燥地にある植物の傾向として、葉は水分の蒸散を抑えるために、退化して小さくなっています。 鱗片状となった葉は、対生し、下部で合着して膜質の鞘状になり、茎を囲みます。低木ですが、木質化する部分は少なく、光合成は緑色の茎が行います。

雌雄異株で、花は初夏に咲き、雄花序は茎頂または葉腋(節)に、黄緑色の小花を球形状につけます。小花からは、軸が伸び出て、先端部分に複数の葯をつけます。 雌花は緑色で単生し、秋には小さな赤い実(偽果)になります。
アイマオウEphedra intermedia Schrenk et C.A.Meyer 撮影・東京都薬用植物園
アイマオウは、中国北西部から中央アジアにあって、中国では中麻黄と呼ばれています。 高さは80cm前後になり、根元近くは木質化します。種小名 intermedia は、中間の 意味。
シナマオウは、中国の という種小名 sinica そのままの名前です。高さは40〜50cm程度で、アイマオウより小型です。 中国では草麻黄あるいは単に麻黄と呼ばれ、野生品の採取は禁止されています。
以前、フタマタマオウ Ephedra distachya L.の名で輸入していたものは、中国では生育環境による形態の違いとされ、シナマオウと同種とみなされています。 このことから日本薬局方でも、フタマタマオウの名前を削除しています。
種不明 Ephedra sp
キダチマオウは、中国北西部から中央アジアに自生します。根元部分の木質化した茎が太く大きくなります。 高さはアイマオウと同程度。種小名 equisetina は、トクサのような の意。

麻黄(マオウ)の「麻」は、アサ Cannabis sativa ではなく、咬むと舌が麻痺することから。「黄」は、マオウが黄緑色であることからの名前です。 属名 Ephedra は、トクサ科 トクサのギリシャ名由来とされますが、その語源には諸説あります。
シナマオウ Ephedra sinica Stapf.撮影・東京都薬用植物園
緑色の茎を干したものが、生薬のマオウで、発汗・解熱・鎮静・去痰・咳止めなどを目的に、葛根湯、麻黄湯など多くの漢方処方に配合されています。 製薬原料としては、含有成分のエフェドリン ※1をリード物質 ※2として、 より効果的な成分が作られ、気管支ぜんそくや、気管支拡張剤・咳止めなどに利用されています。現在は、創出された有効成分の合成が可能になっているため、製薬原料の需要はなくなっています。
マオウの根・麻黄根は、エフェドリンの含有は少量で、血圧降下・止汗などの茎とは逆の作用があるとされます。国内の利用につては、不明です。

エフェドリンは、有用ですが、無闇に利用のすることには危険性がある成分です。 アメリカではマオウを使用したダイエット用のサプリメントが販売された結果、多数の死亡事故や健康被害を発生させたという事例があります。 今は、そうした形の製品は、禁止されています。

※1 エフェドリン : 覚醒剤のメタンフェタミン(ヒロポン)の前駆物質。 1885年、長井長義により生薬から分離された成分で、生薬から有効成分の分離を、日本人が成功したのは初めて。ただし、薬効の解析は、後年の研究者により行われた。

※2 リード物質 : 目的の成分を作りだすための元になる化合物。 生薬の成分をそのまま薬として使用するのではなく、取り出した成分を原料として新しい化合物を創出し利用する。 新しい薬の元という意味でシード物質という言葉もある。

マオウは、主に中国から輸入されていましたが、採取が砂漠化の進行を早めるとして、カンゾウ同様に、 環境保護の観点から採取や輸出の制限がされています。

2015.03.12.Re
キダチマオウ
E.equisetina Bunge
撮影・明治薬科大学植物園
このページのトップへ